徹底解説!魔剣士のスキルや宝珠をしっかりと準備しておこう!!

ライトプレイヤーの皆さん、魔剣士を楽しんでいますか?

今回は、いよいよ実戦で魔剣士を使うための最終準備について御紹介します

 


ドラゴンクエストXランキング

 

 

魔剣士を使いたい!あとやるべきことは!?

前回までの記事で、魔剣士の特技ダメージや推奨装備について解説してきました

あとはいよいよ実戦といきたいところですが、まだやっておくべきことが少しだけ残っています

 

 

 



どの職業にも言えることですが、スキルや宝珠を正しく効率が良いものにしておく必要があります

 

豆腐屋流の魔剣士は、
・武器はビターローズに会心錬金、輝晶核強化はゴールドに余裕があるなら攻撃力
・防具は頭に「おびえ&封印を100%」、体下に「マヒ&眠り&幻惑を70%ずつ」
・アクセは攻撃力特化
にしてきました。詳しくは以前の記事を参照してください

 

 


 

 

 

残りはスキルと宝珠!迷った人はマネしてみよう!

というわけで、豆腐屋流の設定を紹介します
目的や役割に応じて変更するのが理想ですが、めんどくさい人は常にこのままでOKです

 

 

 

160~200スキル

真のダーマ神殿でタッツィにセットしてもらいましょう

 

 



魔剣士の攻撃は「暗黒連撃」が中心で、「不死鳥天舞」はあまり使わないのでⅡで十分です
その代わりに会心率に特化させて、テンションとの相性がいい「アルテマソード」も200にセットしてあります

 

 



「万魔の塔」で使うことが一番多いので、「ちからの盾」は200にセット

 

 



ステータスアップを優先させて「厄災の滅撃」をⅡにしています
この特技も非常に強力なのですが、他にも高火力な範囲特技が多いのでⅢにしても持てあましてしまうからです

 

 



こちらも火力特化
やはり「特技のダメージ+20」は強いです

 

 

 

スキルポイントの振り分け



片手剣、盾、鎌、はどうスキルを200まで振っています

ここまで振るにはマスタースキルが45個、レベル116で特訓スタンプが6000必要なので、足りない人は片手剣スキルを後回しにして、はどう→鎌→盾の順に振りましょう

 

 

 

宝珠



1つの画像にまとめました

防具でおびえ耐性や転び耐性を100%にできない人は、左から2番目の「水の宝珠」でうまく調整してみましょう
「ルカニの盾」や「鉄壁の魅了ガード」などは他につけるものがなくてセットしているだけなので、ここらへんを削ってしまってOKです

宝珠レベルは4→5にする時が一番ポイントを使うので、レベル6のものを4にすれば「鉄壁のおびえ&転びガード」に振りやすくなります

 

 

 

特技位置



これ以外の特技はすべて非表示にしてあるので、4ページで収まっています
くれぐれもページ数を間違えないように注意してくださいね

 

 

 

まとめると

・装備以外にも準備することはあるぞ!スキルと宝珠を忘れずにセットしよう!
・鎌が中心になるので片手剣は後回し!全部200にするには特訓スタンプが6000必要!
・宝珠で耐性を100%にしよう!6→4レベルでポイントが振りやすくなるぞ!
・不要な特技は非表示にしてしまおう!

 

 

以上、豆腐屋流の魔剣士の設定でした!

これにて魔剣士の解説は終了
あとは実戦で思う存分に楽しみましょう!!

 

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です