腰アクセを使いこなそう!ベルト装備の正しい使い方!!

新規、復帰組、ライトプレイヤーに向けた戦闘の解説記事です

戦闘で非常に重要な役割を持つ「腰アクセ」ですが、いまいち理解できていない人も多いのではないでしょうか

これから何回かに分けて、ベルト解説の記事を書いていきます

 


ドラゴンクエストXランキング

 

 

ベルトアクセってなに?

顔アクセ、胸アクセ、指アクセ・・・と、ドラクエ10ではアクセサリーをつける箇所がたくさんありますよね
それぞれに役割があってどれも大事なのですが、目的にあわせてうまく使い分けるのって難しいと思います

 

つけるアクセがわからない…


 

これから解説する「ベルトアクセ」は、以下の3つです
・ハイドラベルト
・輝石のベルト
・戦神のベルト

 

ベルトアクセの役割

「ハイドラベルト」以外の2つは他のアクセと違って効果が多種多様なので、ベルトアクセ次第で他のプレイヤーと能力に大きく差がつきます
最大の特徴は属性ダメージや種族特攻アップでしょう

強いベルトを入手するには運が必要だし戦闘ごとに使いわけるのも難しいのですが、うまく活用できれば強敵相手にも大活躍できます
それぞれの役割だけでなく入手方法なども紹介していくので、ライトプレイヤーのみなさんは一緒に覚えていきましょう

 

 

各ベルトの効果や入手方法

それでは、それぞれのベルトの特徴を見ていきましょう

 

ハイドラベルト

HPや重さアップに最適!耐久力をあげるならハイドラ一択!

ハイドラベルト
基礎効果で、
・さいだいHP+10
・おもさ+15
・開戦時50%でヘヴィチャージ(自分の重さが2.5倍)
がある、主に僧侶やパラディンに好まれるベルトです

さらに合成効果で「HP+3」や「おもさ+4」がつけられるので、最大で
・さいだいHP+24
・おもさ+27
にできるのが特徴です

 

入手方法

入手方法は主に4つです
・魔法の迷宮で「キングヒドラ」を倒す
・不思議な魔塔で「銀のフェザーチップ」と交換する
・すごろくの景品

・夢のアクセサリー箱


不思議な魔塔で交換するのはもったいないし、下の2つは運要素が強いので、SPふくびきで「キングヒドラカード」をもらうのが現実的な入手方法ですよね

キングヒドラ
 

メリット

このベルトの最大の利点は戦闘を安定させられることです

プレイヤーのHPが高ければ敵の強力な攻撃にも耐えられますし、
重さが高ければ壁役の人が敵に押されにくくなります

前衛が壁している状態

後ろの僧侶が守られている状態


 

デメリット

耐久力が増える=戦闘が安定するということは、反対に火力が下がることになります

特に邪神の宮殿や常闇・聖守護者などの時間制限のあるボスだとせっかく20分も戦ったのに時間切れになってしまう危険がありますし、仲間を呼ぶモンスターが相手だといつまでも倒せなくてどんどん呼ばれてしまうことがあります

死なないためにHPを増やしたのに、そのせいでピンチを招くなんてことにならないように気をつけましょう

 

 

輝石のベルト

効果は多種多様!ボス討伐以外にもいろんな効果が!


基礎効果はおしゃれさが3増えるだけですが、ランダムにつく効果次第でとんでもなく強いものが入手できます
ステータスアップだけでなく、レアドロ率アップや不意をつく確率アップなど面白い効果のものも手に入るので、ボス戦以外で活躍するベルトが手に入ることも多いです

また、つく効果の「封印」も容易だし他のベルトと比べて手に入りやすいので、強力な効果がついたベルトを入手しやすいのも特徴です
(もちろん運要素はありますが)

 

入手方法

こちらはゲーム内の「王家の迷宮」か、おでかけ便利ツールの「王家のおでかけ迷宮」の2つです
(たまにイベントの報酬でもらえますが、年に1つくらいなので)

また、つく効果を自分で選んで封印できるので、多く封印するほど自分が欲しいベルトを狙いやすくなります
封印した方がいい効果や王家の迷宮の詳しい遊び方については、次回以降の記事で解説します

 

メリット

後述する「戦神のベルト」と使いわけることが多いのですが、まず「きようさ」や「さいだいMP」など輝石のベルトにしかつかないステータスが多くあります
それ以外にも「戦闘開始時10%で天使の守り」などのめずらしい効果や、「炎の特技の攻撃ダメージ+10%」など火力アップに強力なものも入手できます

また、使う武器や倒す敵が限定される戦神のベルトと違って、ひとつのベルトをいろいろな場面で使えたりするのが特徴です

 


 

たとえばこちらのベルトであれば、土&風特技を強化できます
バトマスやパラディンが装備して土特技の「ランドインパクト」をしたり、風特技で全職業共通の格闘スキルの「しんくうは」やチャンス特技の「グランドクロス」にも使えます
また、天地雷鳴士なら土特技の「めいどうふうま」と風特技の「水神のたつまき」を同時に強化できます

 

※属性攻撃についての解説記事

 

そして、「移動速度+3%」がついているので時間制限のある王家の迷宮などでも活躍できますし、「いにしえのゼルメア」や「メタル迷宮」なんかをサクサクと周回するのにも向いています
このように、職業も目的も違う場面でも共通して使いまわせるのが戦神のベルトとの大きな違いです

輝石のベルトと戦神のベルトの詳細な違いについては、これも次回以降の記事で解説します

 

デメリット

デメリットはほとんどありませんが、強いてあげるなら他のベルトよりも最大値が低いことくらいです

HPを増やすならハイドラベルトが一番ですし、各特技のダメージをもっとも増やせるのは戦神のベルトです

 

 

戦神のベルト

ダメージだけなら輝石以上!火力に超特化したまさに戦神!!


こちらも基礎効果はおしゃれさが3増えるだけですが、なんといっても文字通り戦闘に特化した高火力が特徴です
輝石のベルトと違って「〇属性特技(呪文)」ではなく「〇属性攻撃」なのは、使う武器が限定されている分、より高ダメージを与えられるためです

入手が困難で運要素にもかなり影響されるので強いベルトが手に入りにくいのですが、上手に使いわければ輝石を超える最強装備となるでしょう

 

入手方法

主にというか、「邪神の宮殿」の討伐報酬のみです
年に1回あるかどうかのイベント報酬の他に「アスフェルド学園」を進めれば交換できますが、こちらは個数が限定されています

毎月10日と25日に更新される邪神の1~4獄の初回討伐では「必ず+3」の戦神のベルトが、
2回目以降の討伐だと低確率で「必ず+2」のものが手に入ります

 

メリット

すでに何度も書いたように、「火力の高さ」こそが最大のメリットでしょう

 


 

攻撃力と「ハンマー装備時の土ダメージ」が先ほどの輝石のベルトよりも増えるので、バトマスなら「ランドインパクト」だけでなく「天下無双」もダメージアップできます

ちなみに、それぞれのベルトでつく効果の最大値は
・輝石…こうげき+10、土特技+10%
・戦神…こうげき+14、土攻撃+13%
ですので、輝石のベルトでこれよりもランドインパクトのダメージを増やすことはできません

 

デメリット

なによりも使い勝手の悪さでしょう

上のベルトなら天地雷鳴士では使えませんし、ハンマーが装備できるパラディンやどうぐ使いだとあまりランドインパクトを使いません
(輝石のベルトで「バトマスやパラディン」と書きましたが、その場合は風特技にも使えるという意味です)

なのでこのベルトの場合だと、使える職がバトマスに限定されてしまいますし、武器もハンマーがメインの福の神やピラミッド、フィールドでのレベル上げなど敵が複数現れる戦闘に限定されてしまいます

(「悪魔系にダメージ+8%」もついていますが、ややこしくなるのでこの記事では触れません)

 

 

まとめ

以上、今回は3つの主要な腰アクセについて解説しました

まとめると、それぞれのメリットとデメリットは

種類メリットデメリット
ハイドラHPや重さが増える火力が増えない
輝石使い勝手がいい最大火力ではない
戦神とにかく強い使い勝手が悪い

ということですよね。それぞれの目的に応じて使いわけるのが理想です

 

次回以降の記事でより詳しく解説していきますので、一緒に学んで戦闘の上達を目指しましょう

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング

腰アクセを使いこなそう!ベルト装備の正しい使い方!!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です