魔法使いに「ピオラ2段階」は有効なのか!?実戦での検証結果を報告!!

前回の記事にて、「魔法使い用の魔犬の仮面にピオラ2段階は不要」説を提唱しました

でも実際の戦闘って、データ通りにはいかないことの方が多いですよね

今回は、「バラシュナ1」に挑んで「メラゾーマ」を打てる回数を検証してみました

 

 


ドラゴンクエストXランキング

 

 

サポで挑んできたぞ!!



というわけで、自分が魔法使いになって「メラゾーマ」を打てる回数を比較してきました!

・時間は90秒
・自分が死んだらやり直し
・安定した戦闘のときの回数を計測

この3つの条件での検証です

 

 

 

いやいや、90秒じゃ検証にならないから!



それ以上は無理です!!w

 

「バラシュナ」はサポ討伐に不向きの攻撃が多いので、安定して90秒以上もメラゾーマを打ち続けるのはきびしめでした

 

4人PTで何戦もして正確なデータを取るとかは、大変なのでやりたくありませんw
(特に動画を見直して回数を計測するのとか)

 

 

 

「ピオラ2段階」についておさらい!!



魔法使いの場合、「魔犬の仮面」の「ピオラ2段階」が発動して「コマンド間隔短縮」される秒数は約0.65

「すばやさ」が高ければ高いほど、その効果は薄れていきます

 

詳しくは、前回の記事にて解説しています


 

 

 

一般的な「すばやさ」で検証!!



720ぴったりにするのは難しいので、今回は721で検証してきました

最新の短剣「ファントムダガー」を装備すると、45増えます

 

 

 

「マホカンタ」されたらどうするの!?



「呪文耐性」が60%以上あれば、「魔結界」を2回使って100%にできます

これなら、自分の「メラゾーマ」をはね返されてもダメージを受けません

 

 

 

検証のやり方!!



今回は、フレンドに協力してもらいました

天地雷鳴士がいればカカロンを呼んで戦闘が安定するし、「ホップスティック」でサポを守れます
「ピオリム」も使えるので、検証にうってつけ!

 

討伐が目的ではないので、サポは僧侶2で回復重視にしました

 

用意ができたので、さっそく検証してみましょう!

 

 

 

検証開始!!



「早詠みの杖」をしたら短剣に持ち替えて、最初のメラゾーマから計測していきます

 

 

 



呪文耐性が100%なので、マホカンタ中に攻撃しても問題ありません

 

 

 



「破滅のテンペスト」中も積極的に攻撃していきます

 

 

 



少しでも攻撃の手をゆるめたらやり直しなので、ピンチでもひたすらメラゾーマ!

避けるのは最小限にして、可能なかぎり打ち続けました

 

 

 



90秒が経過した時点で終了です

 

メラゾーマを打てた回数は13回!

 

 

 

「ピオラ2段階」でも検証!!



同じように、マホカンタされても積極的に打っていきます

最初のメラゾーマから計測開始です

 

 

 



60秒経過

あんまりコマンド間隔が短縮されてるのを実感しないけど、増えてるのかな?

 

 

 



「ローガスト」の「邪魂冥道波」を避けていたせいで、少し攻撃回数が減ってしまいました

でも実戦を想定した検証なので、やり直したりはしません

 

 

 



「レギルラッゾ」の「シールドバッシュ」でふっとばされたときは、もちろんやり直しましたけどねw

さぁ、あとは動画を見直して「メラゾーマ」の回数を計測するだけです!

 

 

 

検証結果!!



うーん、いっしょ!w

 

「ピオラ2段階」の方が1回少ないのは、「ローガスト」の「邪魂冥道波」を避けていたせいでしょう

「さすがに同じってことはないよな・・・」と思い3回ずつ動画を見直したので、数えまちがいはないはず

 

 

 

今回の動画!!



 

一応、証拠として動画も貼っておきます

ちょっと攻撃するか迷った場面もあるけど、ちゃんと打ててるはず

 

 

 

結論!!



「魔犬の仮面」の合成効果に「ピオラ2段階」はいらないかもしれません!

 

 

 

「かもしれない」ってどういうこと!?



いやだって、序盤の90秒しか計測できていませんしw

 

それに発動時間が長い「メラゾーマ」や「メラガイアー」よりも、「魔結界」や「せかいじゅの葉」など短い行動をしたときの方が、「ピオラ2段階」の効果を体感できるはです

 

特に「バラシュナ3」は魔法使いといえど回復を担当する場面も多いので、長期戦でピンチの場面なんかだと有効かもしれません

 

 

解説は以上です

 

 

 

まとめると

・「ピオラ2段階」のありとなしで「メラゾーマ」を打てる回数を検証してきたぞ!
・検証結果は同じ!「後だし行動」をしているとターンゲージは自然と溜まっていた!
・ただし検証条件は90秒間なので長期戦なら有効かも!?発動時間が短い行動ではメリットもあるぞ!

 

以上、魔法使いに「ピオラ2段階」は必要なのかの検証結果でした!

あまり変わらない気はしていましたが、まさか同じになるとはびっくりですね
とはいえ、メラゾーマが使えない場面なら魔結界などをするしかないので、「魔犬の仮面」の「魔結界2段階」は不要かもしれません

戦闘のうまさや動き方はプレイヤーごとにちがうので、自分なりにアレンジしていきましょ~

 

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング

 

 

 

魔法使いに「ピオラ2段階」は有効なのか!?実戦での検証結果を報告!!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。