「妖炎魔女」ってソポスからどれくらい強くなる!?メラゾーマのダメージを徹底解説!!

バージョン5.5の防具解説シリーズ、今回は超強化された魔法使いの防具「妖炎魔女のドレス」について解説します

ソポスとそんなにダメージが変わらないなら買い替えなくてもよさそうですが、果たしてどうなのでしょうか・・・?

※魔法使いに関する記事では、基本的にダメージは「魔力かくせい」状態が前提です

 

 


ドラゴンクエストXランキング

 

 

これまでのおさらい!!



以前の記事で、「メラゾーマ」のダメージについて解説しました

攻撃魔力が1000を超えると、攻撃魔力1あたり0.5ダメージ増えます

 

 

 



また、「魔力かくせい」は単純にダメージが2倍になります

「聖なる祈り」ありの「ベホマラー」などと違って、計算式はシンプルです

 

詳しくは、以前の記事で解説しています


 

 

 

「ソポスのころも」と比較してみよう!



まずは「妖炎魔女のドレス」を、「ソポスのころも」や「ひかりのローブ」と比べてみましょう

すでにソポスの方がひかりよりも強いことはわかっているので、今回は妖炎魔女とソポスの比較が中心です

 

 

 



ソポスよりも攻撃魔力が38増えていますね

 

 

 

メラゾーマのダメージはいくつ増えるの!?



攻撃魔力1ごとに0.5ダメージ増えるので、38増えたということは「魔力かくせい」ありで19増えます
(↑の表だと18しか増えていないのは、計算途中の「ダメージ量」の時点で小数点を切り捨てている都合です)

 

 

 



実際には、ここからさらにアクセや宝珠やスキルでダメージが増えていきます
最後の「征魔」は、110レベル武器の「征魔の黒杖」のことです

最大で38%増えたとき、ソポスとの差は24ダメ―ジになります

 

 

 

この攻撃魔力の内訳!



妖艶魔女の1218という数字は、一般的な魔法使いの装備として計算しました

 

 

 

現実的な攻撃魔力理論値!!



「インテリのうでわ(+20)」などを外した場合の、現実的な攻撃魔力理論値は1327です
(豆腐屋のレベル上げが終わっていないので116レベル)

 

また、「輝石のベルト(+26)」ではなく、炎ダメージ+13%がつく「戦神のベルト(+24)」にしてあります

 


 

 

 

理論値の人のメラゾーマはいくつ与えるの!?



それでは、お楽しみの理論値ダメージの計算です

上記5つの攻撃魔力と比較してみましょう
料理の「会心のテイスト」はさすがに要りませんよねw

 

 

 



1570!!!

とてつもないダメージですね・・・

 

 

 

「ダメージ+〇%」は攻撃魔力が高いほど伸びるぞ!!



勘の良い読者さんは気づいたかもしれませんが、メラゾーマ(攻撃呪文)のベルトや宝珠によるダメージアップは、攻撃魔力が高ければ高いほど伸び方も大きくなります

 

最初にソポスから妖艶魔女にすると19ダメージ、38%アップで24ダメージ増えると書きましたが、それは同じ錬金効果の場合です
(↑の表だと18しか増えていないのは、計算の途中で小数点を切り捨てているため)

 

つまり、攻撃魔力を増やしてメラゾーマのダメージを上げると、装備や宝珠の「ダメージ+〇%」の効果はさらに伸びる→より高ダメージになるということです

 

 

 

テンションや暴走などでさらに伸びるぞ!!



ここにテンションや暴走、新特技「ファイアブレイク」などのダメージアップ要素もプラスされていくので、「たったの19ダメージ」の差が大きな差になっていきます

 

妖炎魔女にすることで、見た目の攻撃魔力以上のダメージアップが期待できますね

 

 

解説は以上です

 

 

 

まとめると

・「妖炎魔女のドレス」は強い!!攻撃魔力は38、メラゾーマは19ダメージ増えるぞ!!
・理論値+料理で攻撃魔力は1357に!!メラゾーマは1570ダメージだ!!
・攻撃魔力が高い人ほど宝珠やベルトでさらに伸びるぞ!これだけでも買う価値あり!!

 

以上、みんなが気になるソポスから妖炎魔女に買い替えた場合のダメージ上昇量についての解説記事でした!

気がつけば攻撃魔力1300超えの時代ですが、メラゾーマの攻撃魔力の上限は1500と言われています
まだまだ魔法使いは進化していくので、ジェルザークやガルドドンに行く人なんかも積極的に買い替えちゃいましょ~

 

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング