「呪文ぼうそう率」って使わないの!?「呪文発動速度」の方が人気の理由を徹底解説!!

「呪文ぼうそう率」って、一部のプレイヤーにしか使われていないイメージですよね

特に魔法使いのような攻撃役にとっては重要なパラメータの気がしますが、なぜかあまり見かけません

今回は、そんな「呪文ぼうそう率」について解説します

 


ドラゴンクエストXランキング

バージョン6.0から職人道具が追加!!



バージョン6.0から、短剣やヤリなどに「呪文発動速度」の錬金ができるようになります

実際にどの程度の確率で付けられるのかはアプデ後に検証する予定ですが、「呪文ぼうそう率」ってハズレ扱いされていますよね

 

 

 

人気なのは「呪文発動速度」!!



画像のように「呪文発動速度」が多く付いたものは高額で出品されているのに、「呪文暴走率」はいつも安めです

 

 

 

ダメージ重視はなぜ不人気!?



物理職は「会心錬金」が人気だし、呪文暴走時のダメージってとてつもなく強いのに、どうしてあまり人気がないのでしょう?

 

 

 

「呪文発動速度」が強い理由!!



動きやすいからです!

 

理由は単純で、呪文を早く打った方がすぐに次の行動ができるからです

 

 

 

戦闘の基本は当たらないこと!



強敵相手の戦闘ほど、いかにして敵の特技を避けるかが重要ですよね

 

 

 

避けながら少しでも攻撃するのが重要!



すばやく「メラゾーマ」を詠唱すれば早く逃げられるので、巻きこまれずに避けることができました

 

 

 

「呪文発動速度」の計算式!!



※計算が苦手な人は、スルーしてOKです

 

「呪文発動速度」の計算式はシンプルで、装備の錬金効果やスキルなどはすべて合計します

たとえば武器と腕の合計が38%の魔法使いなら、「メラゾーマ」は本来の詠唱時間の半分(1.5秒)になります


 

 

 

早詠み効果中は+50%されるぞ!



「早詠みの杖」や「魔導将軍のゆびわ」が発動すると、すべての呪文の「呪文発動速度」が+50%されます

ほとんどの呪文は70%前後あれば最速の「1秒詠唱」ができるようになるので、装備やスキルと合わせればほぼすべての呪文の発動時間が1秒になります

 

 

 

【上級者向け】常に早詠み状態なら暴走錬金が強いぞ!



敵の攻撃をほとんどくらわずに安定して戦い続けられるなら、「呪文発動速度」はそんなに必要ありません

メラゾーマなら装備で6%あれば「1秒詠唱」ができるので、あまった錬金箇所を「呪文ぼうそう率」に回せるということです

 

 

 

暴走率特化させる場合の装備例!



旅人バザーで見かけるこうした錬金効果には、ちゃんと意味があるということですね

 

 

 



武器と腕のどちらかで「呪文発動速度」を1つ付ければいいのですが、こういうのは上級者向けの遊び方なのでオススメしません

 

 


ドラゴンクエストXランキング

そもそも「暴走錬金」がいらない場面が多い!



「呪文発動速度」の方が動きやすいのもそうですが、魔法使いのほとんどの戦闘では「超暴走魔法陣・零」が常置かれていますよね

 

 

 

すべての攻撃呪文を暴走させるのが前提!



逃げながら攻撃する場面をのぞいて、「メラガイアー」などの強力な呪文は暴走させるのが基本です

 

今の時代なら「超暴走魔法陣」の上なら100%暴走させることができるので、「呪文ぼうそう率」は付けていても効果を体感しづらいんですよね


 

 

 



ちょっとくらい危なそうでもギリギリはしっこに立って、「超暴走魔法陣」を活用しながら戦います

 

 


ドラゴンクエストXランキング

実際の「呪文ぼうそう率」は半分になるぞ!



顔アクセの「モノクル」は、理論値なら「呪文ぼうそう率+11%」と、武器と腕防具の理論値(合計10.2%)よりも高いですよね

 

 

 



ただしドラクエ10の戦闘では、すべての呪文の暴走率は半分されてしまいます

これだけ「呪文ぼうそう率」に特化させて30%にしても、実際には15%になってしまうんです

 

 

 

さらに対象がたくさんいると暴走率は下がるぞ!



たとえば「マヒャデドス」のように複数の敵を巻きこむ呪文だと、巻きこんだ敵の数だけ暴走率が下がっていきます

画像のように3体に当てたとしたら、約3分の1まで下がります

 

 

 

もちろん「ベホマラー」も同様だぞ!



もし僧侶や賢者で「呪文ぼうそう率」に特化させた場合でも同様で、「ベホマラー」は暴走しづらくなります

逆に「ベホイム」は全回復できる回復呪文なので、暴走させてもあまりメリットがありませんよね

 

 

 

「暴走うめつくし」よりも「速度6%」を優先すべき!



上記のようなたくさんの理由で、「呪文ぼうそう率」は思っているより効果を発揮してくれません

画像のような武器をせっかく入手しても、実戦では「呪文発動速度+6%」の方が使い勝手がいいでしょう

 

解説は以上です

 

 

まとめると

・バージョン6.0から職人道具が追加!短剣にも「呪文発動速度」が錬金できるようになるぞ!
・ハズレ扱いされることが多い「呪文ぼうそう率」について解説!「呪文発動速度」を最優先しないと敵の攻撃を避けづらいぞ!
・実際の戦闘では「超暴走魔法陣」を使うのが前提!さらに暴走率は思っているほど上がらないぞ!
・見た目の数字ほど効果を感じられない暴走率よりは「呪文発動速度」がオススメだ!

 

以上、特化させたらすごく強そうに見えるけど意外と弱い「呪文ぼうそう率」の解説でした!

今回は魔法使いを中心に解説しましたが、賢者やスーパースターであれば武器スキルで暴走確定もあります
ただし聖守護者「ガルドドン」戦のように常に早詠み状態の戦闘なら、「1秒詠唱」を維持しつつ暴走率重視でもいいでしょう

迷ったら無難に「呪文発動速度」を最優先で、目的がハッキリしている人は「呪文ぼうそう率」もアリですよ~

 

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。