「ルカニ」ってそんなに重要なの!?特技ごとのダメージの増加量を徹底解説!!

ムチまもが流行りだしてから、「ルカニが重要」って聞いたことありませんか?

どうしてルカニなの?腕の錬金は会心率が良いんじゃないの?

今回は、そんな疑問を解消するべくルカニについて解説します

 

 


ドラゴンクエストXランキング

 

 

ルカニについておさらい!!



実は、プレイヤーが受けるルカニと敵にかけるルカニは効果が違います

プレイヤーがルカニ(守備力低下)を受けたときは守備力が10%→20%と下がりますが、こちらが敵に使うと30%→40%も下げられるんですよね

 

 

 



バージョン4.0からこの仕様になり、以前よりもルカニの重要性が増しているんです

 

 

 

腕装備のルカニ錬金は強いのか!?



装備ひとつで、最大「攻撃時15%でルカニ」をかけられます

 

注意点は以下の3つで、

・効果があるのは武器スキルの特技のみ(バトマスの「天下無双」などは無効)
・多段攻撃でもルカニ判定があるのは最初の1発目だけ
・敵に耐性があると成功率は下がる

 

特に1つ目の、「武器スキルのみ」なのは覚えておきましょう

魔剣士の「暗黒連撃」や、まもの使いの「ビーストファング」でも無効ということです

 

 

 

「会心錬金」とどっちがいいの!?

腕の錬金効果といえば「会心率」か「呪文発動速度」が定番ですが、「会心率とルカニはどちらがいいのか」については簡単に答えられません

耐性があるボスでルカニが入らないと無価値になりますし、特技にはひとつひとつに会心率補正が決められているからです

 


 

 

 

ルカニの手段はいろいろ!

・旅芸人のルカニ
・ハンマースキルの「シールドブレイク」や「プレートインパクト」
・オノスキルの「かぶと割り」

などなど

 

ただし、この記事ではムチまもと魔剣士を中心に計算しています

魔剣士の「暗黒連撃」ではルカニ錬金が無効と書きましたが、腕錬金の他にもルカニの手段はいろいろあるので、人気の職業2つを選びました

 

 

 

今回のまもの使いと魔剣士のスペック!!

どちらも一般的な攻撃力として、

・最新武器☆3に攻撃力+21の錬金
・輝晶強化など高額なものはなし
・HPも重視した現実的なアクセ選び

 

この条件で計算してみましょう

 

 

 

一般的なまもの使いの攻撃力!!



旧防具の「ガナドールスーツ」で計算しています

ベルトに攻撃力がついていないので、これくらいならライトプレイヤーでも目指せるラインでしょう

 

 

 

一般的な魔剣士の攻撃力!!



こちらも一般的な装備に、ベルトの攻撃力アップは無しで計算しています

魔剣士の場合、鎌スキル150Pで「闇ダメージ+5%」がついています
「戦神のベルト」の最高値が13%なのも加味して、今回はベルト効果が闇ダメージ+12%で計算

 


 

 

 

ルカニ後のダメージ量の計算結果!!



今回の計算に使った表ですが、スルーしてOK!

これだとごちゃごちゃしていて読みづらいので、以降の計算結果はシンプルなものを用意しています

 

 

 

ムチまもの特技の場合!!



ムチまもの主要特技2つの計算結果です

のちほど解説するので、ここらへんは読み流してOKです

 

「追加ダメ」はスキルの合計である「特技ダメージ+170」を攻撃回数分、計算結果にプラスしています

 

 

 

魔剣士の主要特技の場合!!



スキルとベルトの分で、「闇ダメージ17%アップ」で計算しています

「追加ダメ」は、魔剣士の職業スキル180Pの「特技ダメージ+20」を回数分

 

それでは、この計算結果をもとにルカニで増えるダメージ量を解説していきますね

 

 

 

計算結果を解説!!



ルカニ2段階で、1発あたりの増えたダメージ量です

なんと、高倍率の特技ほどルカニで増えるダメージが多いです!!

 

 

 

「ウォークライ」などでダメージアップした場合!!



実際には1999ダメージですが、計算用に正確な数値を書いています

 

 

 

「闇のヴェール」などでダメージアップした場合!!



魔剣士は「闇のヴェール」で100%増えるので、ムチまもよりもダメージ増加量が増えています

それでは、下記の表で「ルカニ2段階でどれくらい増えたのか」を確認してみましょう

 

 

 

ダメージ増加時にルカニで増える量!!



まもの使いと魔剣士ではダメージ増加量がちがうので、個別に見てみましょう

「双竜打ち」や「煉獄魔斬」のように1発が高倍率であるほど、ルカニで与えるダメージも伸びていますね

 

また、2つの職業を比べてみても、「闇のヴェール」でダメージが100%増えている魔剣士の方が大幅にダメージアップしているのがわかると思います

 

 

 

守備力1600で計算してみた結果!!



わかりやすいように、守備力が2倍の1600で計算してみました

(守備力800は最近のコインボスを基準にしていましたが、聖守護者の「デルメゼ」の場合は1000~1200程度あります)

 

 

 

敵の守備力が高いほどルカニの効果は大きいぞ!!



表の見方は、ルカニが2段階かかっている前提のダメージ量

「合計」は、ルカニ2段階の敵にたいしてバイキルトと宝珠を含めた「通常時のダメージ」です
(魔剣士は闇ダメージ+17%)

 

当然とも言えますが、ルカニは敵の守備力を30%~40%下げるので、もともとの守備力が高ければ高いほど下がる守備力=与えるダメージも増えていますね

 

 

解説は以上です

 

 

 

まとめると

・ルカニ2段階で敵の守備力を40%ダウン!!ただしこちらは20%しか下がらないぞ!
・腕装備はルカニ錬金がいいとは限らない!成功率や会心率補正など理由は様々だ!!
・高倍率の特技ほど、1発あたりのダメージ量は増えるぞ!!ムチまもの特技とも相性抜群だ!!
・敵の守備力が高ければ高いほどルカニの恩恵は大きい!与えるダメージはどんどん増えていくぞ!!

 

以上、なんとなく強いのは体感してるんだけど、いまいちよくわからない「ルカニで増えるダメージ量」についての解説でした!!

戦う敵によっては、会心率を上げるよりもルカニをかけた方が大幅にダメージ量が増えそうですね!
とはいえ、聖守護者などの難易度が高いボスほどルカニへの耐性があります

余裕がない人は迷ったら「会心錬金」で、余裕のある人は目的が明確にハッキリしているなら「ルカニ錬金」を使ってみましょ~

 

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング

 

 

 

「ルカニ」ってそんなに重要なの!?特技ごとのダメージの増加量を徹底解説!!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。