バラシュナ用ベルト全226パターンのダメージ一覧表が完成!!自分のベルトで一番強いのはどれだ!?

お待たせしました!

ベルト効果ごとのダメージ一覧表が完成しました!

「バラシュナ」で魔法使いが使うベルト、どれが一番強いのかってわかりにくいですよね

ダメージ計算式といっしょに解説していくので、複数の使えそうなベルトを所持している人は参考にしてください

解説を飛ばして一覧表を見る

 

 


ドラゴンクエストXランキング

 

【記事の訂正】ダメージ一覧表の計算式について

クリックで表示
大変申しわけございません

コメントでご指摘をいただくまで、記事中のダメージ一覧表の計算式が間違っていました

 

ベルト効果の「ドラゴン系にダメージ+〇%」のダメージ増加量が、実際の計算式よりも多く計算されていました

訂正前のダメージ一覧表を参考にして誤ったベルト選びをしてしまった方々へ、重ねてお詫び申し上げます

 

【誤】
(((1040+攻撃魔力-1000)×0.25+480)×2)×(1.22+(炎呪文÷100))×(1+ドラゴン系÷100)

【正】
((1040+攻撃魔力-1000)×0.25+480)×(2+ドラゴン系÷100)×(1.22+炎呪文÷100)

※「魔力かくせい×炎呪文(メラ系)×ドラゴン系」ではなく、
「魔力かくせいとドラゴン系の合計×炎呪文(メラ系)」が正しい計算式です


 

 

 

魔法使いの神ベルトが取れた!?



なんか良さそうなベルトが出た!!

短剣は「メラゾーマ」と「マヒャデドス」のダメージアップがついてるし、両手杖に持ちかえても「メラゾーマ+12%」!

これって「バラシュナ」用の神ベルトかな?

 

 

 



あ、でも「ドラゴン系に+8%」と「攻撃魔力+18」がついたベルトもあるぞ

バージョン5.3からベルトの「種族特攻」が呪文にも乗るようになったから、こっちの方が強いのかな?

 

 

 



てか、炎13%も持ってたじゃん!

結局のところ、どれが一番強いんだ??

解説を飛ばして一覧表を見る

 

 

 

メラゾーマのダメージ計算を簡単におさらい!



2日前の記事にて、魔法使いの攻撃魔力の基準について解説しました

コメントにて、「武器スキル160~200の攻撃魔力+40が必ずしもいるとは思えない」との趣旨のご指摘をいただいたので、それもふまえて攻撃魔力900から見ていきましょう
(ひとりで記事を書いていると気づかないことも多いので、読者様からのコメントには助けられています)

 

 


 

 

 

炎呪文のダメージアップは%を合計するだけ!



「バラシュナ」と戦うときは「智謀の首かざり」を装備しないので、「メラゾーマ」のダメージがやや下がります

ベルトは「輝石のベルト」の最高値である「+12%」の場合だと、合計で34%アップします

 

詳細が知りたい方は、以前の記事を参考にしてください


 

 

「ドラゴン系+〇%」は別に計算するぞ!



ドラクエ10の戦闘のダメージ計算式は、それぞれを別々にかけ算していくのが基本です

※冒頭の訂正箇所について
ここの計算式で、「ドラゴン系ベルト」の「1.09倍」が「魔力かくせい」とは別にかけ算されていました

 

 

 



「ドラゴン系+〇%」と「炎呪文(メラ系)+〇%」は図のような計算で、9%と34%アップします

 

計算方法がわかったので、いよいよお待ちかね

ベルトごとのダメージ一覧表を以下に貼っていきます

 

ベルト効果別メラゾーマのダメージ一覧表!!



それぞれのベルトにつく効果をすべて書き出して、全226パターンを計算しました

たとえば「炎呪文+6%」は「天箱」からしか出ないので、「攻撃魔力+24」などの絶対につかない効果は計算していません

 


炎呪文6~10%のダメージ一覧表!!



訂正前の誤った一覧表はこちら

 

 

 

炎呪文11~13%のダメージ一覧表!!



訂正前の誤った一覧表はこちら

 

 

 

冒頭のベルトを解説!!



というわけで、上のダメージ一覧表で確認してみましょう

「上昇率=ダメージ(計算結果)÷メラ系22%アップのダメージ」が1.150を超えていれば神ベルトと呼べそうですが、このベルトの上昇率は両手杖で1.099、短剣で1.090!

 

弱いですねw

 

 

 



「ドラゴン系+攻撃魔力」で強そうなベルトに見えますが、こちらの上昇率は1.049!

上の「戦神のベルト」よりも弱いです

 

 

 



定番の「炎呪文+13%」だけがついたこちらのベルトは、1.107!

ひとつめの12%との差は10ダメージ(上昇率の差は0.008)ですが、3つの中ではこれが一番強いことがわかりますね

 

 

解説は以上です

 

 

 

まとめると

・「魔力かくせい」状態で「メラゾーマ」のダメージ量は、攻撃魔力999までは1あたり0.9増えるぞ!1000以降は0.5だ!
・「炎呪文+〇%」は合計するだけ!「ドラゴン系+〇%」は別枠でかけ算するぞ!
・ダメージ一覧表を参考にして、持っているベルトで一番強いものを確認してみよう!「上昇率」が1.150を超えれば神ベルトだ!!

 

以上、みんなが気になる「バラシュナ&メラゾーマ」用ベルトの解説記事でした!

もちろん他の属性呪文やボス相手でも計算式は同じなので、「ガルドドン&賢者」なら「ドルモーア」や「獣系」などにも代用できます!
(厳密にいうとドルモーアのダメージ計算式やガルドドンの闇耐性などもあるので、ダメージは同じになりませんが)

 

あなたの持っているベルトの上昇率はいくつでしたか?
よければコメントで教えてくださいね~

 

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング

 

 

 

バラシュナ用ベルト全226パターンのダメージ一覧表が完成!!自分のベルトで一番強いのはどれだ!?” に対して6件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    短剣炎13だと会心暴走1.5%付いたのしかないんだけどこれ何位ぐらいだろw
    陣共有か短剣2かで評価変わるだろうけど

    1. pan1946 より:

      コメントありがとうございます!

      それぞれのベルトに順位もつけようか迷ったんですけど、
      情報量が多くなりそうなのでやめておきましたw

      暴走率つきベルト、いいですねぇ~!
      陣を離れる場面も多いボスだし、強いと思います!!

  2. 匿名 より:

    こんにちは。気になった点がありましたのでコメントさせていただきます。
    公式ガイドブック(version4の薄緑の本)の防衛軍のダメージアップ要素のページ(P127)によれば
    魔力覚醒の枠と種族ダメアップの枠が同じなので(本から引用するならグループA)、
    ドラゴン9%ベルトなら 覚醒で100%+ベルト9%で素メラゾから+209%
    それにメラ系アップ(グループB)の掛け算となり、記事にある988(覚醒メラゾ)×1.34×1.09=1442でなく
    494(素メラゾ)×(覚醒+100%+ベルト9%=)209×1.34=1383ではないでしょうか?
    検証とかしないで計算式に当てはめただけなので間違ってたら申し訳ないです。
    長文失礼いたしました。

    1. pan1946 より:

      コメントありがとうございます!

      いやあああぁぁぁぁ、おっしゃる通りです!
      あわてて確認したところ、「魔力覚醒」と「種族ダメアップ」は、
      たしかに公式ガイドブックに「グループA」と表記されていました!

      計算式もご指摘の通りで、覚醒と同じ枠で「×2.09」しないといけません
      2つ以上のベルトで迷っている人には、本当に取り返しのつかない情報発信をしてしまいました
      コメントに気づいてから、大急ぎで記事中の画像や表を差し替え、冒頭にも追記いたしました

      公式ガイドブックからの引用箇所まで教えてくださり、本当にありがとうございます!

      >検証とかしないで計算式に当てはめただけなので間違ってたら申し訳ないです。
      とんでもございません!
      ご丁寧なフォローまで、お心遣いに感謝いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。