【前編】「守備力」って増やしたらどんな意味があるの!?戦闘の基礎を徹底解説!!

Vジャンプの最新号にて、新しい聖守護者の情報が公開されましたね!

6月上旬に実装予定みたいなので、その前に戦闘についての予習をしておきましょう

今回は「守備力」について、なるべくシンプルにわかりやすく解説します

 

 


ドラゴンクエストXランキング

 

 

 結局「守備力」って大事なの!?そうでもない!?



時代とともにどんどん強くなっていくプレイヤーキャラ

8年前の実装初期は即死級ダメージだった「天魔クァバルナ強」の「ばくれつけん」も、今の時代ならほぼ無傷ですよね

 

守備力も今では600近くある時代なので、その時代とくらべたら約2倍に増えているからです

 

※宝珠とか160~200スキルの「被ダメージ軽減」なども理由のひとつですが、今回は「守備力」について解説するのでそれには触れません

 

 

 

※この記事では「パラディン」には触れません!



戦い方が特殊すぎるのと、「パラディン」の守備力は他職とくらべて異常に高いので、ひとまず置いておきましょう

この記事で扱う「守備力の重要性」は、「まもの使い」や「僧侶」など、鎧が装備できなく耐久力が低い職業の場合です

 

 

 

「守備力4=HP1」って本当!?



めちゃくちゃザックリとした回答をすると、

本当です

 

 

 



通常攻撃の場合のみ、守備力が4増えるとダメージを1軽減できるので、守備力4=HP1相当ということになります

 


 

 

 

実際の戦闘はそんなに単純ではない!



基本的に強敵と戦うときにこわいのは、特技ダメージですよね

たとえば「デルメゼ」の「ファントムボール」は守備力に関係なく600以上の固定ダメージが2回です

 

 

 



また、ブレスや呪文のダメージも守備力に関係がないので、守備力よりもHPを増やすことの方が優先されがちです

 

強敵との戦闘ほど、守備力をいくら高くしても意味がない攻撃が多いんですよね

 

 

 

守備力を増やして意味のある場面!!



たとえばコインボス「ドラゴン」の「回転アタック」なら、通常攻撃の1.8倍のダメージを受けます

1.8倍の特技なら、守備力を増やして軽減できるダメージもさらに1.8倍されているということですね

(実際のドラゴンの攻撃力は1000ではありませんが、先ほどの表と同じで計算)

 

 

 



計算式はこうなっています

このへんはややこしくて複雑なので、むずかしくてわからない人はスルーしてもOKです

 

 

 

多段攻撃でも効果を発揮するぞ!!



プレイヤーが「天下無双」などで多段攻撃できるように、モンスターも使ってきますよね

コインボスだと「ムドー」に出てくる「きりさきピエロ」の「つるぎの舞」が4回攻撃
エンドコンテンツなら「メイヴ」の「触手れんだ」が6回攻撃です

 

 

 



実際の「メイヴ」はめちゃくちゃ攻撃力が高いので、要注意
(レベル1ですら攻撃力1400ありますw)

 

あくまでも、わかりやすく「攻撃力1000」でたとえた場合の計算式です

 

多段攻撃の回数が多いときほど、守備力を増やして軽減できるダメージも増えていきます

※守備力が100増えるごとに合計ダメージを75軽減できるのは、「メイヴ」の攻撃力がいくつであっても同じです

 

 

 

守備力は複数の敵との戦闘でも大活躍!!



まっさきに浮かぶのが、「万魔の塔」でしょう

 

 

 



大量のモンスターと同時に戦うような場面では、守備力を増やすことで合計ダメージを大幅に軽減することができます

わかりやすく言うと、最新防具と古い防具の差ですね

 

 

 

守備力を増やしても意味がない戦闘も多いぞ!

ここまでを読んで、「守備力って重要なんだなぁ」となんとなく感じている人も多いでしょう

ドラクエ10の強敵は、大きく分けて

・「すべてのダメージが即死級」の単体ボス
・「合計ダメージが高い」複数ボス

の2種類がいますよね

 

 

 

守備力の意味がない戦闘ってどういうこと!?



代表的なのが、聖守護者の「ガルドドン」でしょう

どうやっても防ぎきれない攻撃ばかりなので、味方がやられるたびに「デスマスター」が生き返す「ゾンビ戦法」が主流のボスです

 


 

 



「すべてのダメージが即死級」で、なおかつ複数ボスの聖守護者「レギルラッゾ&ローガスト」も同様ですよね

こちらもカカロンや僧侶の「ゾンビ戦法」が大活躍します

 

 

今回は覚えることが多くなってしまったので、守備力を増やして有利になる具体例は次回の記事で解説します

 

解説は以上です

 

 

 

まとめると

・守備力4はHP1相当!ただし実際の戦闘では固定ダメージやブレスなど軽減できない特技ばかり!
・高倍率特技や多段特技など、合計ダメージが大きいものには強力!軽減できるダメージ量も増えていくぞ!
・「万魔の塔」など複数の敵との戦闘では大活躍!!最新防具ほど体感できるぞ!
・ただし意味がない戦闘も多い!「ガルドドン」などは「ゾンビ戦法」が主流だ!!

 

以上、ドラクエシリーズではおなじみの「守備力」について、基本的なダメージ計算式から解説しました!

コインボスや聖守護者シリーズのほかにも、「防衛軍」や「邪神の宮殿」などなど、強敵といっても多様なジャンルがあります
全部の解説をするのは無理ですが、次回の記事では可能な範囲でわかりやすく紹介していきますね~

 

 

参考になりましたら、投票お願いします

人気ブログランキング

 

 

 

【前編】「守備力」って増やしたらどんな意味があるの!?戦闘の基礎を徹底解説!!” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。